Skip to content
カテゴリー マタニティ情報など のアーカイブ

一般社団法人埼玉県助産師会

  • 助産師の職能集団です。
  • 県内の相談できる助産師の検索ができます。
  • 思春期教育の助産師派遣を行っています。
  1. 電話相談:TEL 048-799-3613(月・水・金10:00~15:00 )助産師による妊婦、子育て相談など
  2. 不妊不育妊婦サポートダイヤル(県委託事業)TEL 048-799-3613 月・金10:00~15:00/第1・3土 11:00~15:00、16:00~19:00

気軽にご相談ください 🙂

入間市健康福祉センター 地域保健課

住所: 入間市上藤沢730-1
電話: 04-2966-5513
HP: http://www.city.iruma.saitama.jp/
妊娠したことがわかったら、早めに「子育て世代包括支援センター」へ。

いるティーきっずふじさわ(健康福祉センター地域保健課)
04-2966-5513(月~土8:30~17:15/日・祝・年末年始を除く)

いるティーきっずとよおか(入間市役所2Fこども支援課
04-2964-1111(月~金8:30~17:15/日・祝・年末年始を除く)

※月曜日は助産師が相談に対応します。

母子健康手帳と妊婦健康診査・助成券を保健師等が交付いたします。

【妊婦届出時に必要なもの(本人の場合)】

  • 個人番号カード又は個人番号通知カード
  • 本人確認書類(例:運転免許書・パスポート)

妊婦届出時に妊婦さん自身に面接を行います。継続的なサポートをしていくために、妊婦さんご自身が届け出をお願いします。

【代理人の届出の場合】

代理人の本人確認書類の他に委任状が必要になります。妊娠届出書とアンケートは妊婦ご本人が記載してください。代理人の方はそれらをお持ちになって窓口にお越しください。詳しくは地域保健課までお問合せください。

※妊婦さんへのアンケートをもとに保健師または助産師が、妊娠・出産・育児に関する質問や心配ごとなどの相談に応じます。安心して子育てができるようサポートさせていただきます。

※妊娠届出書には、妊娠週数、分娩予定日、診断を受けた病院(医師名)などを記入していただきます。医師の診断書は必要ありません。

※産前・産後ケア事業
出産前後の体調不良や家族からの支援が受けられない方をサポートします。

  • 産前、産後ヘルパー派遣事業
  • 訪問型産前・産後ケア事業
  • 宿泊型産後ケア事業

(申込には、面接と書類手続きが必要、また各サポートは有料、利用回数の制限があります。)

※里帰り出産されるかたへ、妊婦健康診査助成金券の利用は関東地区交付制度を利用してください。それ以外で妊婦健診を受けたい場合助成金交付制度を利用してください。

受付場所:健康福祉センター 受付期間:出産後1年以内

※各支所でも母子健康手帳と妊婦健康診査助成金の交付のみを行っていますが、できるだけ「いるティーきっずふじさわ」か「いるティーきっずとよおか」に届け出をしましょう。

  • 市民課 Tel 04-2964-1111
  • 東金子支所 Tel 04-2964-0111
  • 金子支所 Tel 04-2936-0111
  • 宮寺支所 Tel 04-2934-2002
  • 藤沢支所 Tel 04-2964-1278
  • 西武支所 Tel 04-2932-1171

これからパパママ情報

両親学級「パパクラス」(要予約・定員20組)
  • 内容:妊娠中の過ごし方、母乳育児について、ママと子どもの口腔ケア、妊娠中の栄養、妊婦体験、育児体験など
  • 対象:おおむね妊娠5~7か月の妊婦と夫(お一人での参加も可能です)
    ※早産予防のため、8か月までには受けましょう。
働くママのための両親学級(要予約・定員20組)
  • 内容:妊婦中の過ごし方、保育サービス、母乳育児の話、妊婦体験、育児体験など。
  • 対象:働いている妊娠5~7か月の妊婦と夫(お一人での参加も可能です)
    ※早産予防のため、8か月までには受けましょう。
赤ちゃんサロン~おやこでおでかけ~(予約不要)

同じ地域に住む親子交流の場です。地域の子育て支援情報もあります。お友達を作りたい方などぜひご参加ください。

  • 対象:おおむね妊娠1~3か月児とその保護者
  • 受付時間:9:30~10:00
  • 終了時間:午前11:00
  • 場所:各地域公民館

詳しくは「健康いるま」、「市報」または入間市ホームページで確認してください。

赤ちゃんが生まれたら

健康福祉センター親子支援課では、以下のような事業を行っています。

妊産婦・新生児訪問

赤ちゃんのいるご家庭へ、助産師や保健師が赤ちゃんの体重測定と、ママの質問に答えながら産後の体調、授乳、これからの生活、検診や予防接種について等、きめ細やかな相談に応じます。初産・経産にかかわらずお受けしています。

申し込みは出生連絡票(※)に基づいてご連絡させていただきます。電話も受け付けています。

こんにちは赤ちゃん訪問

赤ちゃんのお誕生日後4か月ごろまでの間に、保健師等が新生児訪問のご利用のない全ての家庭を訪問します。(出生連絡票(※)の提出がない場合や、連絡が取れない場合は、妊娠届出書の情報から電話させていただきます。連絡が取れない場合は、直接伺いますので、ご了承ください。)

子育て支援情報をお伝えし、子育ての不安や悩みの相談をお受けします。応対は玄関先で構いません。なお、赤ちゃんの体重測定はいたしません。

また、妊産婦訪問も行っています。妊娠中の心配事や産後の不安なことなど、助産師や保健師がお伺いし、アドバイスさせていただいています。お電話で申し込みください。

※出生連絡票は、母子健康手帳と同時配布の妊婦健康診査・助成券に添付されています。

◆未熟児養育医療制度(該当される方)

こども支援課にお問い合わせください。(未熟児の養育医療参照)

マタニティキーホルダーの配布

matanite入間市では、母子健康手帳配布時に、マタニティキーホルダーをお渡ししています。
(健康福祉センター・市役所市民課・各支所)
その他、西武鉄道各駅をはじめJR(東日本お客様相談室)など首都圏鉄道各社でも配布しています。妊婦初期は、つわりをはじめ、身体的にも精神的にも不安定な時期です。しかし、おなかは目立たなく、周囲の人は妊婦さんであることに気が付きません。そこで、おなかの目立たない妊婦初期から、さりげなく周囲の人へ理解できるように作られたものが「マタニティキーホルダー」です。妊婦さんが安心して過ごせる環境作りをサポートしていきたいですね。

陣痛時に!急病・通院に!『ママタク利用登録のご案内』

  • ママタクって?→妊娠から3歳までの子育て中の方を対象に優先配車します。
  • 車両はどう違うの?→陣痛時は普通のタクシーがバスタオルと防水シートを用意
  • 料金は?→通常のタクシーと同じ
  • 利用登録は?→上記HPにて。登録は無料
西武ハイヤー(365日24時間受付)℡04-2994-8180

高野母乳育児相談室(出張専門)

住所: 所沢市西所沢1-7-22 ウィンベルコーラス西所沢210
電話: 090-3917-1563
HP: http://mwtakano.com

診療時間: 9:00~21:00(夜間対応可・年中無休)※予約必要

妊婦相談: 【費用】(1時間)5,000円 (2時間)8,000円
母乳相談: 【費用】(1時間)5,000円 (2時間)8,000円
育児相談: 【費用】(1時間)5,000円 (2時間)8,000円
※交通費は、西所沢駅より車で30分以上かかる場合は、プラス1,000円または実費

母親学級または両親学級: 有り 個別指導(予約制)
その他のサービス: 電話・メール(mw.k.takano[at]t.vodafone.ne.jp)で無料相談
不妊相談: 有
子育て支援活動: 依頼に応じて育児相談やベビーマッサージ等も行っております。子育て支援の為の講演会もお受けいたします。

イオン子育て相談室(無料)

住所: 入間市上藤沢462-1イオン入間ショッピングセンター2F 赤ちゃん休憩室
電話: 04-2901-4500 (代表)

日時: 毎週水曜日 12:00~16:00
(相談室開催日は都合により変更になる場合がありますので、売り場の掲示等をご確認ください。)

内容: 母子保健相談員の阿部さん(助産師)による妊娠中の保健と栄養のこと、乳幼児の身体計測や育児相談など親切に対応してくれます。〈主催〉公益財団法人 母子衛生研究会

【赤ちゃん休憩室のご案内】

  • いつでも使える赤ちゃん用身長計や体重計あり。
  • ミルクの調乳の時、お湯が必要な場合は、店員に声をかけるともらえます。
  • おむつ交換台 合計7台、おむつ用ダストボックスあり。
  • カーテン付授乳スペース2室には育児雑誌あり。
  • 相談室1ヶ所(使用していないときは、授乳室として使用できます。)
  • 飲み物、ソファーがあり、ゆったりとしています。上の子を連れていてもOKです。

まな母乳育児相談室(訪問)

住所: 入間市仏子277-23
電話: 080-4003-0838
HP: http://www.mana-oketani.com/

メール:info[at]mana-oketani.com

営業時間: 9:00~16:30
休業日: 土・日・祝日

費用: 往診料7560円+交通費
内容: 桶谷式の母乳ケアと授乳・育児相談

相談形式: 対面(訪問)での相談
助産師: 伴まどか

まさかの時に備えよう!子連れ防災知識

入間市では、防災ガイドブック・防災マップを作成し、防災情報(普段の構や情報集め方等)を提供しています。
避難場所も掲載しています。(入間市役所危機管理課 04-2964-1111)

詳しくは入間市HP入間市防災ガイドブック・入間市防災マップを配布しています。

埼玉県は、「命を守る3つの自助の取組」を推奨しています。
自分の命、安全は自分で守るために、

  1. 家具の固定
  2. 災害用伝言サービス(171)の体験利用
  3. 3日分以上の水・食料の備蓄

は、必ずやりましょう。

詳しくは、「埼玉県 イツモ防災

もっと詳しく学びたい方は

  1. 総務省消防庁
  2. NHK そなえる 防災

 

3キュー子育てチケット

埼玉県では多子世帯(子どもが3人以上いる世帯)の子育てを応援するため、様々な子育てサービスが利用できる「3キュー子育てチケット」を配布しています。

3キュー子育てチケットの使い方

1)チケットをWEBで申請する

※チケット申請書・世帯全員の住民票またはこども医療費の受給票のコピーが必要。
WEB申請以外にも県HPからダウンロードまたは入間市役所こども支援課で申請書は入手可能。

送付先:〒330-9301 さいたま市浦和区高砂3-15-1
埼玉県福祉部少子政策課
TEL  048-830-3269

2)サービス利用:詳細は上記HPで確認

  1. 親をサポートするサービス
  2. 子どもを預けるサービス
  3. 親子地域ふれあいサービス
  4. その他の子育てサービス

3)チケットで支払い、または現金で支払い・領収書受領
4)領収書で請求・口座振り込み

 

 

パパ・ママ応援ショップ(子育て家庭の優待制度)

「パパ・ママ応援ショップ」で利用できる優待カードは、中学3年生までの子どもまたは妊娠中の方がいる家庭に配布される。カード協賛店で提示すると、パパ・ママ応援ショップで割引などのサービスが受けられるよ。

協賛店は22,718店(平成30年11月30日現在)

※スマートフォンをお持ちでない方は、入間市役所こども支援課/市内全ての支所(東金子・金子・宮寺・藤沢・西武)/健康福祉センター/子育て支援センター各所でGETできる!

パパ・ママ応援ショップ制度の仕組み

 

「働きながら妊娠・出産する女性」を支える法律や制度があります

「働き方(正社員・バート・派遣社員)」の違いに関係なく、すべての妊娠した女性が対象の制度。制度の活用には「会社への申し出」が必要です。

  • 時間外労働・休日労働・深夜業の制限
  • 軽易業務への転換
  • 産前・産後休業
  • 育児休業(出産一時金、出産手当金、社会保険料の免除)
  • 医師→事業主への連絡は「母性健康管理指導事項連絡カード」を活用しよう。詳しくは「女性にやさしい職場づくりナビ」、困った時は、会社の所在地の各労働局雇用均等室へ 埼玉県労働局